弁護士の残業代請求の考え方

残業代請求を弁護士に相談する場合には、どの程度の報酬を弁護士に支払う必要があるのかを考えておく必要があります。弁護士への報酬はプランによって大きく異なるので、依頼する弁護士のプランがどのようなものなのかを把握しておくことが大切です。

基本的に、残業代請求では返還される残業代の成否で依頼者の損得も大きく変わってきますので、残業代請求できればその何%。できなければ0と言うような極端にきっぱりした料金形式の事務所も多くなっています。

返還できた残業代から弁護士費を捻出できるのであれば、そこまで費用を心配しなくても良いのですが、完全成果報酬を推していても、実費などは別途かかるケースもありますので正しく確認するようにしましょう。成功報酬に関しても、事務所によっておのおの定義は異なります。

請求では完全成果報酬が多いですが、成果給の定義が厄介で事務所によってズレもあります。残業代請求の成功の定義はおのおの事務所によって違います。普通、依頼者側は企業側から取り戻した金銭が成功報酬だとイメージしますが、そうじゃないときもあります。

どれほど未払い残業代があっても、企業が支払いに応じなければ依頼者に残業代は戻ってきませんので、結果が出ない限りはお金を払わないないようにすることです。一流の事務所では、先にどの程度の費用が必要なのかを必ず内訳で見せてくれます。

気になる時は、まず内訳を出してもらってから依頼するように心がけることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *