残業代請求は弁護士に依頼しましょう

企業経営とは、その企業の業績を伸ばし、株主や労働者にその利益を還元することですが、利益を追求するためにはコストにも目を向ける必要があり、多くの企業では費用対効果を意識しながら、経費節減にも十分に配慮する必要があります。

そこで課題となるのが、経費の中でも大きなウェートを占める人件費、とりわけ割増賃金である残業代の節減です。しかしながら、残業代の節減ばかりを意識するあまり、その職場に未払い残業が蔓延するようだと本末転倒です。

未払い残業の疑義がある場合には、勇気をもって残業代請求を行うことが重要です。放置しておくと、そのことが常態化してしまい、職場の雰囲気が悪くなるばかりか、時間外労働の助長や健康被害に及ぶこともあります。

会社に不払い残業を申し出た際に正当な対応をしてくれれば問題はありませんが、納得できる対応とならなければ、弁護士に相談することが最適な方法だと言えます。弁護士であれば、残業代請求についての多くの判例を持っていますから、適切な方法を提案してくれることが期待できます。

さて、弁護士選びですが、最近では残業問題に精通している事務所が、無料相談窓口を開設しているケースも少なくありませんから、こういったものを利用すると良いでしょう。

弁護士は法律の専門家として、残業代請求にかかる様々な事案を基に最適な対処法を検討するだけでなく、労働審判や訴訟に至った場合には、裁判所に対する申立手続きや会社との交渉にも対応してくれますから、非常に心強い存在です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *