残業代請求は早く弁護士に相談しよう

未払い残業代問題は、自分だけではなく、多くの人を苦しめている社会問題だと言えます。確実に残業代請求をしたい場合には、1人で解決しようとしないで、弁護士に相談をしましょう。残業代請求を会社に行う場合、会社と直接任意交渉をするか、労働裁判、訴訟を起こすといった方法があります。

ですが、いずれにせよどれくらいの未払い残業代があるのかというのを明確に算出するために、時間外労働時間数を算定しなくてはいけません。そこで大切になるのが、未払いの残業代があるという、有力な証拠です。

一般的には、タイムカードが有力な証拠になりますが、タイムカードを切った後に残業をしている場合は、どうしても本当の残業時間の証明をする事が出来ません。そのため、最近では、業務で使用しているパソコンやスマートフォンのデータが有力な証拠として利用されています。

会社のパソコンに何時ログイン・ログアウトしたのかという情報や日報、スケジュール、ファイルに何時アクセスしたのかなどを調査する事で、残業代請求を可能とします。悪意のある会社ですと、パソコンのデータを消されてしまうなんて事もありますが、そのような場合には直ぐに弁護士に相談をしましょう。

一見証拠が無くなってしまったパソコンでも、データ復元できる可能性はありますので、諦めないで下さい。また、残業代の請求には期限があります。

何時でも良いわけではありませんので、長年未払い残業に苦しんでいる人は、早く弁護士に相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です