残業代請求には弁護士が有効な理由

時間外労働を行ったにも関わらず、残業代が支給されないことがあるにも関わらず、社内における自分の立場のことを考えて、泣き寝入りする人も少なくありませんが、こうした行為は、会社の悪しき風土を助長するするものであり、決して良いことではありません。

こうした不適正事案は、単に残業代が支払われない問題であるだけでなく、健康問題にも発展する大きな課題であり、実際、ここ数年で長時間労働による労災認定は増え続けています。しかしながら、確かに個人で会社に残業代請求における交渉をすることは非常に心細いものです。

そこで、相談したいのが弁護士です。実際に残業代請求を行う手続きとしては、会社との直接交渉、労働審判、訴訟がありますが、これまでの豊富な経験から、それぞれの案件に応じて、どういった手続きを行うべきか判断し、提案してくれます。

もちろん、労働審判や訴訟については裁判所に申請を行わなければなりませんから、弁護士に依頼しなくてはなりませんし、会社に対する直接交渉も依頼することができます。

さて、実際に残業代請求を行うと決めた場合には、労働問題に秀でた弁護士事務所に依頼することが大切ですが、その探し方としては、無料相談を利用すると良いでしょう。

ここでは、無料でそれぞれの事例をヒアリングし、今後、どういった方法で残業代請求を行うべきかレクチャーしてくれます。

もちろん、相談したからと言って、必ず依頼する必要はありませんから、相談内容をよく吟味して、納得した上で依頼することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *