歩合給制でも残業代は支給される

歩合給制でも残業代は支給されます。

これは歩合給制の考え方が法定作業時間内に限られているからです。ですから、法定作業時間外である残業代については支給されるということになります。

歩合給制というと、なんでも時間とは無関係に成果だけで給料が決まるかのように考えられることがありますがそういうシステムではないということは知っておいたほうがいいでしょう。

確かに法定作業時間内では時間にかかわらずに給与が決まることになりますが、法定作業時間外では別のシステムが必要になるということです。当然歩合給制の残業代は別の計算によって算出されることになります。基本的に歩合給制というものは、成果によって報酬が払われるシステムと考えられがちですが、実はそうではありません。

法定作業時間内という条件があることからも分かるように、これは雇用側が成果に関わらずに報酬を一定額以上にしないようにしているシステムだとも考えられるわけです。ですから、法定時間を超えてまでの作業に対してこのシステムが適用されるわけではありません。

概略していえば雇用側が出来るだけ支払う報酬が増えないようにしているシステムだともいえるものですから、残業が生じたときにはしっかりと残業代をもらうようにすることが大切です。もらうというとあまりいい言葉ではないかもしれません。正当な報酬を受け取るという言葉の方がいいかもしれません。労働の対価として受け取る当然の権利ですから、これは必ず申請するべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *