歩合給制の残業代について

歩合給制とは、仕事の成果、出来高に応じて給料が決まる仕組みをいいます。

これに対して普通の仕事は、成果や出来高ももちろん軽視されるわけではないでしょうが、それで給料が直接決まるわけではなく、あくまで時給あるいは月給として決められていることになります。

そして、残業をすればその時間数に応じて残業代が支払われます。歩合給制の場合は、そもそも時間数に応じて給料が決まる仕組みではないのですから、残業をしたところでその時間数に応じて残業代が支払われるわけではありません。

1時間残業をしたからといって、1時間分の給料が支払われるわけではないのです。あくまで予め定められた仕事の成果、出来高を上げた場合に限って、規定に基づく給料が支払われるということです。そういう意味では、歩合給制だからといって残業が無駄になるわけでは決してありません。

時間に応じて給料が直接決まる仕組みではないと言いつつも、普通は時間をかけて仕事をすればその分成果や出来高はアップすることが期待されますし、アップするはずです。つまり、歩合給制であっても、残業時間数と直接リンクはしていないものの、残業をすれば成果や出来高というものを通じて残業代が支払われるといって差し支えないでしょう。

むしろ、より高い成果を挙げれば一般の人よりも多くの残業代をもらえることもあるわけですから、歩合給制の人ほどやる気が出て可能な限りは残業をしようと考える人も多いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *