歩合給制でも残業代をもらう方法

歩合給制で働いていると成功すればするほどお金がもらえるので、時間外労働が自然に増えてしまいます。

また会社によっては、契約がとれるまで職場に帰ってくるなというパワハラを受けるなどして残業が増えてしまう人もいます。せっかく働いているのに残業代がもらえない場合は、会社に相談をするなどの対処をして、それでもダメなら残業代を求めて裁判を起こしても良いかもしれません。

弁護士の力を借りる必要がありますが、正当な賃金を受け取ることができるので、金銭的にも時間的にもストレスから開放されます。歩合給制の仕事は限られています。多くの仕事は固定給で支払われたり、時給で支払われています。歩合の仕事の代表格はタクシードライバーです。ノルマなどはないと言われていますが、お客さんを乗せなければお金がもらえないので、歩合給制の仕事の中でも労働時間が長くなります。

タクシードライバーの賃金に関しては、高知県観光事件という労働時間の裁判の結果が反映されているので、訴えを起こせば確実に残業代をもらうことができます。その他の仕事でも深夜まで働いている人などは賃金をもらう権利があります。

残業代に関しては、固定給で働いている正社員でももらっていないケースが多いので、当然だと思ってしまうかもしれませんが、訴えれば支払ってもらえるので、会社に遠慮をせずに堂々と申し立てを行ったほうが給与が多くなります。会社側がいつでも正しいとは考えずに自分で行動を起こすことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *