歩合給制と残業代とは無関係の話です

よく歩合給制だと残業代が出ないと考える人がいますが、これは違います。

歩合給制は法定時間の中の作業について歩合になっているだけですから、法定時間外の作業である残業についてはこの適用範囲の外ということになります。

ですから残業代というのはしっかりと出るし、出さなければならないということになります。一般的に雇用側が歩合給制をとるのは給与をコントロールすることが出来るようにするためです。つまり、売上が減ったりして会社の収入が少なくなった時に、それを従業員の給与を減らすことでコントロールするように出来るということを考えていることがほとんどです。歩合給制でこの歩合を決める権利が雇用側にあるわけですから、これはかなり働く側にとっては不利な契約だということもいえるでしょう。

歩合を雇用側でもない働く側でもない中立な機関が決められるというのであれば、これは公平なシステムで、給与をコントロールするものではないということもいえますが、歩合を雇用側が一方的に決めている以上、このシステムがかなり雇用側に有利に働くことは間違いありません。

とはいえ、契約によってこのシステムは履行されているわけですから、契約には従う必要があります。法定時間内での作業はこの歩合給制に従って働くことになるとしても、残業のような時間外労働については、しっかりと残業代を請求することは大切なことです。そうしないと、ますます自分の立場を不利にしてしまうことも考えられるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *