歩合給制でも残業代は出ます

歩合給制だと残業代は出ないと考えてしまう人が多いのですが、そのようなことはありません。

歩合給制でも残業代は出ますから、しっかりと請求をするようにしましょう。歩合給制というのは、法定時間内の作業についての制度であり、法定時間外の作業についてはその限りではありません。

残業というのはこの法定時間外の作業という考え方になるものですから、残業代は出るというわけです。ここでよく問題になるのが、成果が出ている出ていないということです。成果が出ていないから、残業代のようなものを申請することが難しいと考える人がいます。

上司の評価や雇う側の見方が悪くなると考えてしまう人がいるのですが、これは考え方が違うといってもいいでしょう。というのは、法定時間外の作業をしている時点ですでに歩合給制の範疇を超えているわけですから、そこでの成果云々はもともと論外なのです。ここで成果を出したから請求が出来て、成果が出せていないから請求が出来ないというような考え方になると、全ての作業について考えなおす必要性が出てくることにもなります。全ての時間で成果を要求されている制度ではないわけですから、そのようなことを考えても仕方がないことです。逆に請求をしないようなことがあると、それが当然というような意識を雇用側が持つことも考えられます。

常に雇用側は出来るだけ報酬を払わないようにしたいという考えがあることを忘れないようにすべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *