固定残業代制と残業代

固定残業代制というのは、本来は働く人にとって有利な制度なのですが、実際には会社側に有利なように運用されている、会社側も会社にとって都合のよい制度だと思っているということが少なくありません。

本来は、固定残業代制というのは一定時間までの残業については一定金額の残業代を常に支払い、それを越えて残業をした分については別途支払うという制度です。予め決めた時間数よりも少なくても常に一定金額の残業代をもらうことができ、もしその時間数よりも残業が多くなれば追加でもらえるのですから、基本的に働く人にとって不利になる仕組みではないはずです。

ところが世の中の実態として、会社の都合のいいように固定残業代制が解釈、運用されていることは少なくありません。会社にとっては人件費を削減できるとか、いくらでも残業をさせられるしお金も余分に払わなくてよい制度だと思っている会社がいくらでもあるのです。典型的な例が、うちは固定残業代制だから、何時間残業をしようとも予め決めた残業代以上のお金は1銭も出ないというものですが、これは制度として無効です。

さらに悪質な例になると、予め決めた時間まで残業をして始めて固定残業代が支給されるけれども、それ以下の残業時間の場合は基本給のみで残業分の給料は1円も支払わないなどというものさえあります。もちろん、その時間を越えても規定の残業代以上には支払われません。ここまで来ると確実にその企業はブラック企業と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *